依存しないために|デパスを効果的に使うために知っておきたい事

デパスを効果的に使うために知っておきたい事

依存しないために

白い錠剤

デパスは抗不安薬としてとても効果的なお薬です。そして、抗不安薬という以上依存性は無視できません。
なら、極力依存しないためになにかできることはないのでしょうか?安心して使えれば、デパスは最高の救世主になります。

不安や心配事に押しつぶされそうというときは、人は不眠症になってしまいがちです。色々考えてしまうので眠るときこそもっとも怖い時間でもあります。なので、人によっては睡眠薬を飲んでいる人も居らっしゃるかとは思います。
睡眠薬とデパス、ものによっては依存性を高めてしまうので注意が必要です。
睡眠薬の中にはベンゾジアゼピン系の睡眠薬があります。デパスをはじめ、抗不安薬にはベンゾジアゼピン系が多く含まれているので、これは併用となってしまい依存性が高まってしまうのです。
かといって睡眠薬自体がいけないというわけではありません。中にはベンゾジアゼピン系の入っていないものもあるのです。
なので、睡眠薬を使いたい人は非ベンゾジアゼピン系やオレキシン受容体拮抗薬、もしくはメラトニン受容体作動薬などを使うようにすると良いでしょう。

デパスは強いお薬ですので、いきなり使うのではなく、弱い薬から慣れていくという方法があります。
そうすれば、強いお薬の反動で依存が大きく表れることもありません。あと重要なのは、不安で押しつぶされそうな感覚があるからと、強力な抗不安薬を使うのではなく自分の不安のレベルにあった抗不安薬を使うことです。
例えば、デパスを使い始めて不安が落ち着いてきたら、そのままデパスを使い続けるのではなく薬を弱めていくようにしましょう。
強力なお薬を使い続けることは、依存性を高めます。なので、自身の状態をしっかり見ながらお薬の管理をすることが、依存性にならない一番大切なことなのです。